5年点検学習会

5年点検を実施しました。(株)バーンリペアが委託されて点検を行いました。

ニノコさん2年点検nuagesさん2年点検で既に紹介されていますね。とりわけニノコさん2年点検ブログでは丁寧に書かれています。

わが家での5年点検で決定的に違うのは…北洲社員の立ち合いはありませんでした。

いえいえ、批判的に書いていません。^^CS課の方からは立ち会いますか?と言う話は別件で話をしていた時に尋ねられました。遠慮しました。5年点検は基本北洲は立ち会わないようです。

バーンリペアの方と親密な(?)コミュニケーションを取った方が良いですよね。^0^ 
と言うか、今更立ち会ってもらう必要性がないだけです。

外観と扉、水回りなどの点検、調整をして頂きました。

そんな点検の中で色々と話を聞かせてもらいながら一緒に見て回りました。点検、調整ともに非常に丁寧に気を使って作業して頂きました。バーンリペアに依頼したくなりますね。

細かいチェックポイントや作業方法などの情報を頂きました。

その中で学習させて頂きました。

シンクの下側に緑青が発生していました。ハンドシャワーノズル伸縮タイプのところから水が回るようですね。
これは気が付きませんでした。
DSC_0187_convert_20170326193206.jpg 

次に火災報知器です。
これは電池タイプです。きっと引き渡しの時に説明があったのかも…しれませんが、全く忘れていました。取り付いているだけで安心していました。

点検ボタンもあって、寿命は10年だそうです。
DSC_0161_convert_20170326184119.jpg 

そして、浴室です。
目視点検後気を使ってきちっと扉を閉めてくれました。通常は開けたままです。
            DSC_0166_convert_20170326184137.jpg 

そして作業完了、説明をして頂き引き上げていきました。浴室に戻った時に締まっている扉に違和感を感じて開けました。

浴室内は写真では分かりずらいですが、ばっちり湿気でしっとり曇っていました。思い出しました!

DSC_0173_convert_20170326184155.jpg 

初めてオーナー宅を見学に行ったときの浴室見学でオーナーの方が、『扉はいつも開けておくといいですよ。浴室が乾いてくれますから』と言う言葉です。

点検は午後行いました。その際に湯船のふたを外しました。湯船は保温性が高いのでお湯はまだほんのり暖かいです。

よって、扉を閉めるとあっという間に湿気が溜まります。

やはり乾燥激しいこの家にとっては浴槽のふたを開け、扉を開けて湿度を回した方が冬は良い、と言うことを思い出しました。

悲しいですが乾燥する家には必要悪になりますね。^^;

浴槽のお湯も夜には抜かずに溜めておいて下さい、と言う北洲の方の切なるお願いも思い出しました。^0^寒さで配管などの不具合が起きる場合があるそうです。

初めて行ったオーナー宅でパントリーに出合い、浴室や暖かさを聞いたことが思い出されます。

浴室ネタで思い出しましたが、ラジオで女性に優しい工務店のお宅拝見の番組を聞いたことがあります。
その中でオーナー奥様が『浴室はピンクカビが出ません』と言っていました。

わが家は、北洲ハウジングは残念ですが暖かいシーズンにはピンクカビが出ます。^0^これだけ乾燥して空気循環して、浴室の扉を通年開けている家ですが、ピンクカビは出ます。

年末の大掃除の記事を見て頂ければわかりますが、どうやっても出ます。もっと素晴らしい浴室メーカーを採用すれば良かったです。^0^

この他にも今回の点検がきっかけで気が付いたことがあります。これは次回のネタにさせて頂きます。^0^/

この冬も暖かく、このブログを書いているこの時もリビングは25.4℃の環境です。

そうそう、蓄熱暖房機の蓄熱量を100%から60%へ減らしました。春の訪れです。


プロフィール

ネギロム

Author:ネギロム
すっかり中高年の領域に入りました。人生最大の投資、北洲の家を建てました。今はとても楽しんでいます。
でも…住宅ローンが微笑んでいます。がんばろう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも一覧

山のアトリエ~北洲ハウジングで建てる家~
  • 管理画面
  • リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR