オール電化は?その10

おかげさまで(?)電気代の下がる季節になりました。^^

今までの生活では、ぐーんと電気代が上がる季節のはずです。しかし、オール電化の家に住むと脳みそが麻痺(?)・・・勘違いしてしまいます。^^

決して得していないのですが、冬の電気代を見ますと、夏は電気代が安くなるなんて良い季節なんだと、バンバンエアコンかけてしまいます。

これは本当!大きな勘違いですが・・・^^

前回書きましたが、高気密高断熱住宅は『魔法瓶』ですので冷気もしっかり保温(?)してくれますので、本来であれば断続的にエアコンを活用して電気代を節約すべきです。

が、なにせ北洲ハウジングの家、リビングと玄関、廊下などを仕切る扉がありません。よって、十二分にエアコンを付けませんととてもとても広い(?)我が家は快適な冷え冷えになりませんので・・・^0^


蒸し暑さと快適さのボーダーラインは、2階への階段の踊り場です。そこを境に蒸し暑さと快適さが感じられます。ブログの(住み心地は・・・・夏秋』も参考にしてください。)

                  DSC_0062_convert_20130803175404.jpg

DSC_0006_convert_20130803175948.jpg

DSC_0054_convert_20130803173237.jpg

DSC_0072_convert_20130803173542.jpg

   

我が家のエリアでは『夕立』が季節の風物詩と言う感覚です。昨今『爆弾低気圧』として非常に猛威を振るい亡くなった方がいたり、『雷』での被害も多く、決して『風物詩』とは言えない状況になってきています。

そんな中ですが、『夕立』が来ますと地表の温度も下がり非常に涼しくなり過ごしやすくなります。

こんな時北洲の家は『高気密高断熱』ですので外気温が23℃くらいまで下がり涼しくなっても、室温が26℃と言う逆転現象になります。

そうなんですエアコンで26℃設定で使っているからですね。^0^家の中に居ると全く気が付きません。^0^

『夕立』後のあの涼しい感じが最近は外に出ないと感じられなくなりました。^^まぁ、窓開ければいいだけの話なんですが・・・北洲の家は過ごしやすいので気が付かないのです。!



最近の電気代と前年との比較は次のサイトを参考にしてください。
消灯式 ~オール電化は?その9~



そんなこんなで電気代ですが、東京電力から案内が来ました。悲しいですが(T T)全く知りませんでした。もっと早く言ってくれればよかったのに・・・

登録すると我が家の電気代がグラフになって一目瞭然!なかなか見やすいですね。

でんき家計簿


我が家のデータは・・・小さな画像をクリックすると別ウィンドウで開きます。開いた写真の上にカーソルを持って行くとカーソルが虫眼鏡になりますので、クリックすると大きく見られます。
 
                電気使用量・料金一覧 
                  でんき家計簿 電気使用量・料金一覧印刷ページ-page-001


                電気使用量グラフ
                  でんき家計簿 電気使用量グラフ印刷ページ-page-001


                電気料金グラフ
                  でんき家計簿 電気料金グラフ印刷ページ-page-001


こんな感じですので登録すると非常にわかりやすいですね。

これはなかなか使えそうですが、東京電力管内ですので他の管内の方はホームページなどで確認してください。




我が家のそばにまたまた北洲ハウジングの工事現場が開かれました。これで2件目です。^^他人の家とはいえうれしいものです。

そして何よりも、あの険しい道のりの(?)長期打合せを乗り越えてきた^^感動を共有化できます。^^
しかし、まだまだこれから険しい(?)山が待っています。^^

どんな家が建つのかとっても楽しみです。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

メンテナンス・・・掃除か! その2

我が家の近くに『北洲ハウジング』工事現場看板がありました。

うれしいものです。^0^これで2軒目です。alsaceの大きな屋根が見えました。^0^

我が家同様、北洲ハウジングの事務所で『あーでもない、こーでもない』と打ち合わせをしてきたことでしょう。

とにかく、とても楽しみでついつい会社帰りにわざわざ現場の前を通って帰ってみたり、ちょっと車を止めてみたり・・・^^;

怪しいやつでしょうか・・・^^;



さて、今回はちょっとしたことから掃除をしてみました。

玄関の床部分の枠が削り後がありました。何かがぶつかったのでしょう・・・と、思っているときに・・・

修理 → メンテナンス → 掃除と頭の中を駆け巡ったため、かるくいろいろやってみました。


まずは、目に留まった玄関の床部分の削り後です。何をぶつけたかは全くわかりません。結構大きな傷跡です。

このままにしておくと、腐る原因になりそうなので、まずは対処しておこうと思いました。

DSC_0038_convert_20130803182021.jpg

DSC_0042_convert_20130803182110.jpg



用意したのは外回りの防腐対策のために、色直しのために使ったメンテナンス資材を使いました。

DSC_0048_convert_20130803182159.jpg


小さな傷なので缶の中に刷毛を入れて塗りました。塗った部分はティッシュでむらをなくしました。
2時間開けて2度塗りをしました。

最後はティッシュで軽くならして終了です。

DSC_0059_convert_20130803182249.jpg


玄関ドアの内側下の部分は何かと傷がいろいろついています。大きなものだけ刷毛で軽く塗り、ティッシュで均してメンテナンスをやってみました。

DSC_0061_convert_20130803182342.jpg



さて、次に向かったのは・・・浴室です。

DSC_130803_convert_20130803231821.jpg

住み始めて1年半を過ぎましたが、浴室は結構きれいです。営業担当のS君の言った通りで天井、壁についてはカビは出てきません。

これは素晴らしい!とニヤニヤしていましたが・・・見上げた天井に、黒い斑点、カビを見つけました。

さて、これからどうなることでしょう。

DSC_130803+(1)_convert_20130803231922.jpg


浴室床は赤カビが出てきました。前回掃除をしたように、泡になる浴室用漂白剤を吹きつけ、ふわふわの洗浄ブラシできれいに均しました。

30分おいてから洗い流すとこんなにきれいになります。

DSC_0063_convert_20130803173441.jpg



すっかりきれいになり脱衣所で足を拭いていると・・・そうだ!室内空気循環機の吸気口の掃除を久しくやっていませんでした。

夏と言えば『虫』と言うことで、さぞかし大量の虫が採取されることでしょう・・・と、期待(?)をしながら掃除を始めました。

DSC_130803+(2)_convert_20130803232046.jpg

やはり期待通り(?)に大漁(?)でした。^^;クモも入っていました。

DSC_130803+(3)_convert_20130803232215.jpg


1階、2階の室内側の吸気ネットについた埃もきれいに水洗いをしますと・・・排水口のネットは目詰まりするほどになります。

虫と埃です。^^;

DSC_130803+(4)_convert_20130803232344.jpg


すごい量です。^^;このシステムである限りは定期的に掃除をしないと大変です。


このシステムも賛否両論です。北洲は今や全館空調システム『クウ・キレイ90』が主流でしょう。このシステムが一番いいと思います。

答えは簡単、一番最新の設備を導入することが最善です。

家は10年20年30年と住むことが前提です。しかし、HMは商売ですので、どんどん新しいシステムを発売します。

多くのサイトで諸説色々書いてありますが、全ては『今でしょう!』の視点です。良いも悪いも最新設備がいいと思います。




多くのオーナーさんとの話す機会があった我が家はそこに行きつきました。しかしながら我が家は、『クウ・キレイ90』は採用せず通常の全館換気システムと蓄熱暖房機です。

お金の問題と、カミさんの『そこまで必要なし!』の英断でした。^0^家の構造の変更や費用対効果や電気代などのランニングコストなんかをネット中駆け巡り探しまくった我が家でしたが、バッサリとした英断にはすっきりでした。^0^

天井裏の寸法を変更して、家全体が大きく高くなるので止めることにしました。負け惜しみ的に言いますと^^;我が家は自然の空気を多く取り込み自然に近づきます・・・なんだこりゃ?^0^



オーナーによっては空調を止めて、床暖房や蓄熱暖房機を使っている方々もいらっしゃいます。そうです。『放射能』です。これは非常に厳しい問題です。

この件については、当時の北洲の方々は皆さん口が重かったものです。今は、素晴らしい説明がすらすらと出てくる営業担当者が多くいるのかも・・・知れません。^^;




真夏に真冬の話をしても仕方がありませんが、今北洲ハウジングを検討されている方はに参考になれば幸いです。

マニアックに情報を収集して決めることは非常に楽しく満足感が高いものです。が、あっという間に古いシステムになってしまいます。どこに重きを置いて家を考えるかは夫婦の問題です。

そういう私もオーナーの方々の話をとにかく聞いてそんな心境で北洲の打ち合わせに臨んでいました。

いつだったか、北洲の事務所で隣の部屋で立派な理論を並べ立て営業担当者や設計者を追い詰めるような打ち合わせをしていました。
『すごいなぁ』と思いました。『私の家なので自分で責任を持って立てないと、あなた方に騙されますから!』、『あなた方は十二分に設備を理解しないで私たちに提案しているんですか?』などと語気の強い打合せでした。

我が家はほとんど笑ってばかりだったので・・・^0^

とにかく設備については夫婦で理解して納得すれば周囲の評判は気にならないものです。たぶん私はお人好しで騙されたオーナーなんでしょう。^0^

『クウ・キレイ90』については、かいどまりさんのページにもありますので参考にしてください。
換気について~換気設備を考える(1)
換気について~換気設備について(2)

小さな子供がいる家庭では重要かもしれません。今は色々アレルギーのが多い時代ですから。

しかし、周囲の親たちは大変で暖かい家でも問題、涼しい家でも問題・・・夏は暑くて外へ出たがらず、冬は寒くて外へ出かがらず・・・ゲームから離れない・・・

夏は温度設定を上げ、冬は設定を下げ・・・春秋は窓を全開・・・大人が気持ちのいい環境ではよくない、と考えがんばっている親が大変多いです。^^こんな時代でもしっかりと考えている若いご夫婦がいるんですねぇ。自分を反省してしまいます。^^;

我が家の子供は小さいころは、アパート、マンションと引っ越しで環境が変わる中で生活していました。

冬、布団を多くかぶったり、夏、寝るときはエアコンの設定を上げたり・・・カミさんはずいぶんとがんばっていました・・・が、思春期真っ只中の状態では、夏も冬も自分で設定を変え、リビングに入りびたりです・・・^^;



暖房システムもそうです。北洲は、床暖房の時代もありました。エアコンのみの提案もしていました。今は蓄熱暖房と全館空調のクウ・キレイ90です。

床暖房のオーナーさんとも話しました。蓄熱暖房機をうらやましく話していました。^^;その時代は最先端の提案だったはずです。

我が家はクウ・キレイ90の全館にすればよかった・・・・とは思っていません。と言うか・・・思ったことがありません。

なぜならとにかく住みやすい、住んでいて気持ちの良い家だからです。我が家は古いシステムの家です。夏はエアコンのみ、2階は暑くで上がるたびに汗をかき、冬は2階は寒くて寝る時にはエアコンやデロンギヒーターと加湿器・・・

それでも十分住みやすい家です。^0^

ネット上での記事は私の様に^^;感情や趣向が入った文字です。やはり直接会って話を聞くことが一番重要です。営業担当者は嫌がるでしょうが、とにかく多くのオーナーと話をしたほうがいいです。

それは、他の住宅メーカーのオーナーの方々でもいいですね。


メンテナンスの話だったのですが・・・^^;最近HMを探している知人と話をしていていろいろ話をしているうちに自分が北洲と当時の打ち合わせをしていた時の感情が湧き上がって来てしまいました。^^;

文字の羅列になりましたが、参考になれば幸いです。





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


プロフィール

ネギロム

Author:ネギロム
すっかり中高年の領域に入りました。人生最大の投資、北洲の家を建てました。今はとても楽しんでいます。
でも…住宅ローンが微笑んでいます。がんばろう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも一覧

山のアトリエ~北洲ハウジングで建てる家~
  • 管理画面
  • リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR