オール電化は?その7

ずばり電気代のみ載せます。


1月分(12月14日~1月16日)¥36,497
2月分(1月17日~2月13日)¥28,968  
3月分(3月14日~4月13日)¥26,435  
4月分(4月14日~4月11日)¥21,795  
5月分(4月12日~5月15日)¥16,628
6月分(5月16日~6月13日)¥11,542
7月分(6月14日~7月12日)¥11,906
8月分(7月13日~8月13日)¥17,705


IMG_121117_convert_20121201201420.jpg


IMG_121117+(1)_convert_20121201201454.jpg


IMG_121117+(2)_convert_20121201201520.jpg


蓄熱暖房機を使い始めたのが、11月1日です。実質12月分の電気代がどの程度増えるでしょうか?

1月分が再現するのか?それとも、引渡し後のもろもろ生活が慣れるまでの調整費が入っていたのか?

それと、気が付きませんでしたが『太陽光促進付加金』が無くなり、『再エネ発電賦課金等』になっていました。
という事は、太陽光促進へ限定することなく再エネルギーと言う名称へ変え広く使えるようにしたわけですね。

それはそれで素晴らしいですが、『復興予算』と同じで、どんなものにも使えるわけですので、太陽光促進への勢いが下がる可能性もあるわけです。

我が家は、太陽光発電は載せていませんが、技術進歩には大いに期待しています。国内には厳しいですが、海外から格安で大容量、軽量の太陽光発電パネルが入ってくる日は遠くないと思っています。

それが太陽光促進に拍車をかけると思っていたのですが、国として主に太陽光発電にかけていたお金を広く使えるわけですので、良い面と辛い面が出てきそうですね。

オール電化が非常に複雑な環境になってきました。新たに太陽光発電などの機材をを自分で購入しなくても、再生エネルギー、つまりは他の電力会社から電力をかなり格安で買える時代になるのか、それとも太陽光発電などの費用対効果が上がるのか・・・・ムムムムム・・・・

再生可能エネルギー賦課金

再生可能エネルギーの固定価格買取制度」とは(新制度)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

冬・・・再び・・・

冬が再びやってきました。^^;

寒さには弱く好きではありません。^^;しかして・・・家について言えば・・・楽しい冬です。

なぜなら・・・暖かいからです。^^しかし、人間うまく出来ていて(?)暖かいのが普通・・・慣れは怖いです。もっと、北洲の家に感動を持って住みましょう。



12月1日我が家にも初雪が降りました。これは幸い(?)と『室温ネタ』のためにカメラを持って走りました。^^;

DSC_121201+(4)_convert_20121201201138.jpg


冬の時期になるとまた『室温ネタ』ですか?、ブログのネタが無いのですか?と北洲の方々にツッコミを入れられそうなんですが、勝手に激励だと解釈して載せます。^^

2階はやはり1階よりも温度は低いです。我が家の営業担当のS君の『2階も暖かくなります。1年待ってください』発言は微妙ですね。(本人どこまで覚えているやら・・・・買う側はこんな細かいことも覚えているんですねぇ^^)と、いつまでもS君をいじっていても申し訳ありません。^^

この1年S君をネタにして色々載せさせて頂きましたので、S君と設計のOさんのの名誉のために、そして、新しい支店長殿へ敬意を表して(チョッとだけアフターサービス上がるように^^;)・・・・

我が家を正しく解析することにしました。間取りを参考にしてください。



1階の暖房機器は7kwの蓄熱暖房機。これは、常時ONです。

西側に引き戸のある仕切られた部屋があり、1階には廊下があります。よって、1階だけでも空気の流れは複雑になります。

もちろん北洲推薦、自慢の玄関、リビングと仕切りの無い設計です。


DSC_121201+(3)_convert_20121201201052.jpg

リビングの温度計です。そろそろ加湿器を引っ張り出します。




さて、2階にはエアコンがあるだけで、常時暖める暖房機はありません。

リビング階段ではなく、更に吹き抜けもありません。よって、1階で暖まった空気が2階を十分暖める空気の流れは出来ません。

暖かい空気は上に上がる・・・・と言った説明は、まちがいではありません。しかし、我が家の構造は、その流れにはなっていません。

DSC_121201_convert_20121201200531.jpg

構造上吹き抜けや、リビング階段があれば、2階への暖かい空気の流れもできることでしょう。逆に2階に暖かい空気がたまりやすい構造もあるでしょう。

このところは、営業担当者や設計担当者へ十分聞いてください。^^;必ずやしっかりとした説明が・・・・あると信じています。^^;

我が家の2階は、1階と比べると暖かくはありません。しかし、気密性、断熱性は十分にありますので一般的には暖かいです。


では、一般的とは何でしょうか。

全国の冬のいつもいる部屋の室温平均は、18.85℃だそうです。       2012年部屋の温度調査    2011年部屋の温度調査   2010年部屋の温度調査

一番高いのは、北海道20.73℃  一番低いのは、長野県17.5℃


いきなり結論ですが、1階は最高の北海道よりも暖かく、2階はほぼ平均室温並み、とは言っても暖房機器を使っていない状態での平均室温です。

もちろん、もっと季節が寒くなると当然室温は下がりますが、下がっても16℃ぐらいです。

よって我が家は、一般的には暖かい、と言うことです。^^
S君いかがでしょうか?^^

もちろん県の中でも地域性はあるのでしょうが・・・・まっ、こんな感じです。^0^


参考までに、北洲が頑張っている(?)県のいつもいる部屋の温度ですが・・・・

岩手県(31位)18.44℃  宮城県(32位)18.44℃  

福島県(46位)17.91℃  栃木県(34位)18.4℃  

埼玉県(19位)18.91℃  東京都(7位)19.27℃


また、寒くて困る場所・・・トイレ・脱衣所だそうです。

我が家の脱衣所です。平均室温よりは暖かいようです。もちろん夜になると下がります。それでも一般的な暖かさです。。

DSC_121201+(2)_convert_20121201200922.jpg



その他おもしろい内容が、ウェザーニューズには載っていますので見てください。^^例年年初めに調査して、2月頃に発表していますので、2013年2月頃に改めて検索してみると最新版が見られることでしょう。



そして、来年は・・・・3年目の暖かさ・・・・とでも表題にしてまたネタにすると思います。^^;


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1年点検・・・引継ぎ?

1年点検が終了しました。

大きな事項はありませんでした。

自然の素材を使うと何かと大変だなあぁ・・・と、つくづく実感しています。

こんなことなら、もっと人工的な家にすれば・・・いやいや!それが良くて建てたのでした。!^0^

こんな箇所が見つかりました。全ては自然素材を使っているがゆえに起きることでして、決して工事不良、部品不良ではありません。

2階の扉が歪みました。無垢材が故に起きる現象です。これは2年点検まで待って補修にするか交換にするか決めます。

補修をするともちろん若干色合いは変わります。しかし、交換するとまた1年後に歪むかもしれません。他の扉は歪んでいないので交換の方が良いのかもしれません。

まぁ、もう一年様子見です。

                   DSC_0012_convert_20121224175703.jpg

                   DSC_0002_convert_20121224175626.jpg


そしてケンコートですね。

これは、今回の点検で指摘されなければ全く気が付きませんでした。

たしかに、そう言われればそうです。珪藻土を混ぜてありますので、要は土ですね。

調湿効果は十分ありますが、乾燥はしますからね。よって、ひび割れていました。

                   DSC_0019_convert_20121224175738.jpg


DSC_0021_convert_20121224175815.jpg

角の部分に多く見られましたが、普通の壁は全くひび割れなどはありません。2階は2箇所程度、1階が若干多いですかね。


言われなければ気が付きませんでした。補修をすると色合いが変わるようです。

もう一年様子見ますが、補修はぜずにしておこうかな・・・と言うのが今の気持ちです。


もっと『古美る』感じになったらあえて補修をして更なる『古美る』感を出すのも良いかなぁ・・・と思っています。


その他、点検での問題点は・・・担当のTさんが隠ぺい工作(?)をしていなければ、何もありませんでした。^0^


と、ここまでは何事も無く和気あいあいで終了していました。

ケンコートの補修の話からメンテナンスの話になりました。担当のTさんが『それはメンテナンス材を使っての補修になりますね』と一言・・・

『えっ?』(0_0)


そうです。そんなメンテナンス材は貰っていません。担当のTさんも若干困惑気味・・・しかし、年の功です、慌てず冷静に説明をしてくれたのと次回持ってきてくれることになりました。



翌週メンテナンス材を持ってきてくれました。『ケンコートの補修材』『木枠窓のクリーナーと保護材』です。

DSC_0003_convert_20121225225642.jpg


今や栄転(?)された現場監督のYさん!あなたの仕事を引き継いで1年後にTさんからメンテナンス材を頂きました。出来れば引渡しのときに頂きたかった物ですが・・・^^;

これも、『北洲タイム』でしょうかね。(T T)Yさん元気でしょうか?


まぁ、とにかく、またメンテナンス項目が増えました。かいどまり式手抜き方法を考えつつ・・・頑張ります。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

ネギロム

Author:ネギロム
すっかり中高年の領域に入りました。人生最大の投資、北洲の家を建てました。今はとても楽しんでいます。
でも…住宅ローンが微笑んでいます。がんばろう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも一覧

山のアトリエ~北洲ハウジングで建てる家~
  • 管理画面
  • リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR