点灯式?・・・・

『クリスマスツリー』の点灯式の話題が多くなるこの季節です・・・^^

と言う事で、我が家も『蓄熱暖房機』の点灯式(?)をしました。^^;まぁ、簡単に言いますと朝のリビングが寒いのでカミさんが『点けよう』と言ったわけです。^^;

2年目の冬の足音が段々と聞こえてきます。^^

点ける前の日の気温です。去年は引渡し(11月23日)の時には既に蓄熱暖房機は点いていましたので、環境の違いが実感できませんでした。

よって、今年は蓄熱暖房機を入れる前と後を載せます。

そして、今日から電気使用量が増えていきます。^^;そうです!電気料金が大きく増えます。--;


では、まず使用前の朝の室温です。

リビングです。

DSC_0016_convert_20121104220312.jpg

一番北側の脱衣所です。

DSC_0009_convert_20121104220233.jpg

参考までに2階です。

2階は蓄熱暖房機はありません。エアコンのみです。

この2階の室温について、我が家営業のS君は去年の冬『1年待ってください。2階の室温も暖かくなります。』と仰っていました。^^;

ひょっとして・・・『1年目よりも2年目の方が慣れて暖かく・・・・感じます・・・ってことかしら・・・^^;』

まぁ、真冬に去年の室温写真と比較してみましょう!^0^

DSC_0008_convert_20121104220157.jpg


蓄熱暖房機です。料金の安い深夜電力を利用して内部にあるレンガに熱を蓄えます。

DSC_0020_convert_20121104220353.jpg



さて、蓄熱暖房機の『点灯(?)』した、翌日です。

リビングです。翌日ですので1階全体はまだまだ暖まっていませんが、暖かい朝になりました。

DSC_0025_convert_20121104220441.jpg


『点灯』してから2日後の室温です。リビングです。まぁ、冬は大体このくらいの室温を保っていきそうですね。^^

DSC_0072_convert_20121104221033.jpg


北側の脱衣所です。チョッと室温が上がりましたかね。^^;これから熱交換システムと相乗効果で室温は全体に暖まってきます。

DSC_0081_convert_20121104221129.jpg


2年目の冬ですので、去年の『感動』『感嘆』から、『楽しみ』『安心』へ変わりますね。^^

この暖かさについては、それはそれは熱く・・・熱く・・・長く・・・説明してくれた営業のS君が正しかったですね。^^;






追記 2012-11-18

しかし、しかしです。

確かに暖かいのは営業担当のS君の言う通りなんですが・・・北洲の宣伝資料に良くのっている・・・『1台の暖房機で家全体が暖まります』この部分が微妙だと言うことです。

今シーズンの真冬にも改めて計測しますが、1階は確かに暖かい。しかし、2階は如何でしょう?去年の真冬の感想としてそれほど暖かさを感じませんでした。

具体的に言えば、真冬1月で1階は23~24℃、この時の2階が17~18℃。

確かに、外気と比べれば・・・もしくは一般的な室温と比べれば・・・一般的とは何でしょうか?・・・・暖かいでしょう。

暖かいとは確かに個人差はあります。18℃が暖かい・・・と言われれば・・・暖かいでしょう。

本当に家全体が暖かい家を期待するならば、蓄熱暖房機を1階2階に設置した方がいいでしょう。もちろん容量を良く考えて。もしくは、2階はファミリールームなどにデロンギオイルヒーターを置くとかですね。

我が家は寝る時の2階は、エアコンとデロンギオイルヒーターをつける部屋とがあります。エアコンは寝る時にタイマーで1時間でOFF、起きる1時間位前にONしています。

1台の暖房機で家全体が暖かい・・・2年目の今シーズンの2階の室温に期待しますか・・・変わらないかな・・^^;
我が家の個人的な感覚としては、こんな感じです。^^;







にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

床メンテナンス・・・講習後実習。

三層無垢フローリング(UVオイル仕上げ)のメンテナンスを載せます。

と言っても、まずはかいどまりさんのブログ木部のメンテナンス木部のメンテナンス2【フローリング】を熟読してください。^^;

なぜなら、この講座で講習して、そして実際にやってみたことを載せるだけなのです。^^;



まず、我家の床です。

          DSC_0027_convert_20111105190408.jpg


オーク ワイド プランク フロア [UVオイル仕上げ]です。


床のメンテナンスについては、北洲の我家への基本回答は『メンテナンスは、空拭きもしくは硬く絞った雑巾で水拭きして下さい。』です。メンテナンス材はありません。

でも・・・・頂いたメンテナンス案内書やネットでの解説には色々解説が載っていますし、メンテナンス材の紹介もあります。

ずーーーーとモヤモヤしていました。^^;そんな時にかいどまりさんから頂いたコメントの返信で『質問』した次第です。^^;

なんと!かいどまり邸にはメンテナンス材が渡されていました。--;知り合いの北洲の家にもメンテナンス材が支給されていました。--;

『いったい何が正しいのでしょうか?』


そして、かいどまりさんの紹介の天然資材を購入しました。^^

『ビーズワックス』

かいどまりさんが使用していますClapham's Beeswax Salad Bowl Finishを探しつつ・・・『床 メンテナンス』で検索したビーンズワックスを購入しました。^^;

かいどまりさんご使用のClapham's Beeswax Salad Bowl Finishは、木製のお皿にも使える、食べても安心の、まさしく天然素材のワックスです。

我が家は、と言いますと^^;・・・深い考えは無く・・・・『「ブリティッシュビーズワックス」は、昔ながらのレシピで作られた、イギリス生まれの蜜ろうエコワックスです。汚れ落としとワックスがけが一度でOK。これひとつで木製の汚れ落とし・保護・撥水・ツヤ出し・カビ止めができます。』このフレーズに惑わされて購入しました。^^;

『国産の家具用蜜蝋も販売されていますので
無垢材のフローリングを使っておられる方は試してみて下さい^^
確か500円くらいで買えます。50gもあれば何年も使えますよー^^』と言う、かいどまりさんのアドバイスはすっかり忘れ^^;購入しました。

DSC_0067_convert_20121104220951.jpg

香りは確かに独特のものがあります。^^メンソールとマツヤニの様な香りです。^^

我が家には決して嫌な香りではありません。^^なかなか強い香りですが、悪い香りではありません。^^



もとはと言えば、テレビ台などの移動の際に横着者の私は持ち上げずにすべりの良い三層フローリングを滑らせていました。

結果気が付けばキズだらけ・・・^^;カミさんに『有難いお言葉』をたくさん頂きました。^^;

ゆえに!責任を持ってメンテナンスをしなければいけません。^^;



早々にかいどまり講座に基づき使用しました。

あえて深手のキズと向き合いました。!^^;

先ずは、テレビ台の下です。^^;

〈使用前〉
DSC_0027_convert_20121104220645.jpg

〈使用後〉
DSC_0048_convert_20121104220817.jpg

傷をつけてから1年近くが経ってからのメンテナンスです。^^;大きな深い傷跡は、写真ではチョッと黒く見えますが、実際は気になりません。^^

と言うか私にとっては十二分の結果です。^0^


別の場所です。^^;これは、ソファーの下です。^^;


〈使用前〉
DSC_0040_convert_20121104220733.jpg

〈使用後〉
DSC_0049_convert_20121104220912.jpg

かなり大きな『擦り傷』でした。^^;もちろん新品に戻るはずはありません。^^;が、気が付かなくなったので『心の傷』は癒されます。^^


『これは凄い!』『これは美しい!』と、喜んで楽しく床のあちこちを這いつくばって塗っていました。^^;

そして、十二分に満足して見渡し・・・片付け始めました。

『あっ!』と思ったときには・・・『滑っていました。^^;』

そうです!ワックス・・・油を塗ったわけですから、そりゃ滑ります。^^;あまりにも白いキズがドンドン無くなり、幸福感に浸り(?)達成感に(?)完全に浸っていました。^^;

メンテナンスされる方は、十分に気をつけましょう。^^;『ワックスは滑ります。』(当たり前ですかね・・・(T T))

2~3日経つとそれほど滑らなくなり、1週間経つと問題なく大丈夫です。^^;その間は十分気を付けてください。^^;それでなくとも、三層無垢フローリングは滑りやすい資材です。^^;



そんなこんなで・・・このビーンズワックスと言う魔法(?)の特効薬(?)を手に入れましたのでメンテナンスが楽しくなってきました。^0^

失礼しました!魔法の特効薬とは私個人の感想です。^0^よって、使うときには目立たないところで試してからお使い下さい。m(_ _)m

我が家の北洲の家の室内の木材は全てビーンズワックスメンテナンスしていきます。^0^楽しい!^0^

家の外の木材は、来春にかいどまり講座を読み直して挑戦していきます。^^;


北洲の家に決めて、打合せをすればするほどメンテナンスの話がちらりちらりと出てはきていました。^^;

カミさんはメンテナンスの話のたびに・・・私を見て『ニコッ^^』と微笑むだけでした。^^;

それは、適度に直視せず聞き流していました・・・^^;なぜなら・・・かいどまりさんの言葉を借りれば・・・『私はメンテは出来るだけ少ない、ズボラ仕様が好みなので』・・・正にそんな感じです。^^;

しかし、引き渡され・・・更に1年がたち・・・やらないわけにはいかない状況になってきました。^^;

やり始めれば・・・やるんですが・・・^^;でも、今回のことで何だか楽しくはなってきました。^^


確かに北洲の関係者は『全員』このメンテナンスのことに関しては・・・・『そこが楽しいところです!』と言うスタンスで話をしてきますので、覚悟はしていました。^^;


営業担当のKさんのお言葉の『古美る』、これをかっこよく『古美』させるために楽しみます。^0^



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

ネギロム

Author:ネギロム
すっかり中高年の領域に入りました。人生最大の投資、北洲の家を建てました。今はとても楽しんでいます。
でも…住宅ローンが微笑んでいます。がんばろう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも一覧

山のアトリエ~北洲ハウジングで建てる家~
  • 管理画面
  • リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR