確定申告

着々とかいどまり邸も建築が進んでいます。

2×6の平屋です。『公民館みたいで・・・』と言うコメントがありまして、爆笑していましたが^0^、そんな立派な公民館を立ててくれる自治体があれば本当に素晴らしいと思います。^^;地震にも強く寒さをしのげる公民館ですから立派な避難所になることでしょう。^^;

北洲さん自治体に提案してください。^^

2×6平屋は自分たちが年老いた時に分かる、便利で優しい本当に住みやすい間取りだと思います。^^羨ましい!^-^

是非、正に現在進行形の北洲ハウジングの家かいどまり邸を見てください。^^

間違いなく現場見学会、完成見学会では見られない家です。^^;チョッと山間部・・・ですかね。^^;

北洲の家でもこだわりがありますから個人的には見てみたい家です。アレルギー体質の方が増え続ける昨今の時代ですからかなり参考になると思いますが・・・^^;

窓枠や各種室外機の効率や優位性を考えた設置場所などとにかく下手な展示場より参考になります。^^;

『なぜそうしたか?』『なぜそうする必要があったか?』この辺りは直接かいどまりさんへ質問してください。^^




さて、確定申告に行ってきました。

我が家の北洲ハウジングは、確定申告については得意では無いようです。^^;

で、自力で調べて行きました。

が、それでもちょっとだけ色々ありましたので、参考になれば幸いです。

住宅ビルダーに聞く前に調べるも良し、聞いてから調べるも良し・・・住宅ビルダーの得意不得意合わせてください。^^;


2月29日は我が家の地方は、大雪でした。(T T)

良いのか悪いのか・・・^^;会場はガラガラでした。

Image248_convert_20120303174527.jpg


『住宅借入金等特別控除』の申告です。

我が家の場合は、住宅借入金のみです。土地購入の方は内容が違いますので、ご注意下さい。


①住民票(コピー不可)  

 我が家の場合11月引渡しで年をまたいでの申告なので、3ヶ月以内ではなく直近の住民票にしてください、との事で市役所に住民票を取りに行きました。

 住宅購入者だけでいいのですが、何となく家族全員の住民票を取っていきました。これは、子供の誕生日を確認するのに役に立ちました。^^;何年に生まれたか・・・パッと出てきませんでした。^^;助かりました。^^;

 申告書に子供の生年月日も入力する項目がありました。

②家屋の登記事項証明書(コピー不可)

 これは司法書士の方が登記手続き完了の際に登記簿と一緒に入っていました。
 『登記完了証(電子申請)』と記載してある薄い緑色の用紙でした。

③工事請負契約書(コピー)

 これは、北洲さんの事務所に実印をもっていき、別室の会議室で厳粛な中で捺印した、いわゆる『契約書』です。収入印紙が張ってあるページをコピーをしてもっていきましょう。

④住宅取得資金に係わる借入金の年末残高等証明書(コピー不可)
 
 これは、住宅ローンを契約した銀行等から年末が近づくと郵送で送られてきます。紛失しないように気をつけましょう。生命保険や個人年金保険などの控除申請と同じです。

⑤源泉徴収票(コピー不可)

 大抵は年明けの給料明細に同封されています。紛失しても人事部などで原本を保管しているはずです。それでもない場合は市役所に発行してもらってください。

⑥住宅用家屋証明書(コピー)

 これは、行政書士の方が手続きをしています。登記簿にまとめて添付してあるかもしれません。私の場合はこの書類は、司法書士の方から最後の渡された『不動産登記簿』というまとまった資料に添付してありました。

⑦長期優良住宅建築等計画の認定通知書(コピー)

 これは北洲ハウジングが作成した『○○様邸長期優良住宅』という資料に入っています。この書類の表題には『認定通知書』と記載されていてよく読むと長期優良住宅建築等計画の認定通知書と書いてありますので注意してください。

⑧印鑑(三文判で可)

 忘れる方が多いそうです。確かに当たり前だと言うことなのか、あまり記載がありません。と言うことは、さほど重要でないのでしょうか・・・^^;

⑨振込先銀行口座

 還付される控除額の振込先の入力が必要です。わたしは、たまたま帰りに銀行に寄る用事が合ったので持っていましたが、そんなことはどこにも記載されていませんでした。^^;

⑩地震保険証書(地震保険の契約者・金額が分かるもの。)

 これは単に年末に私が会社の年末調整控除申請に地震保険控除があることを知らなかったためです。税務署の担当の方が聞いてくれたので分かったことです。

 私はそんなことは知らず、地震保険の資料など持っていません。家に取りに帰るのも手間なので結局今年は控除無しです。^^;



控除対象となる金額ですが、『住宅取得資金に係わる借入金の年末残高』と『取得対価の額(家屋の金額)』の金額の少ないほうが控除対象になります。

住宅ビルダーと契約する時の金額が控除対象ですから、銀行から借りた金額が多い我が家は結構な金額が控除対象にはなりません。(T T)残念・・・・(T T)

『認定長期優良住宅の新築等に係わる住宅借入金等特別控除の特例を選択した場合』(最高60万)というとてつもなく長い選択肢を選ぶと、『住宅借入金等の年末残高の合計』×0.012=住宅借入金等特別控除額になります。

これと源泉徴収税額とを比較して額の少ないほうが還付されるようです。







【注意点】

申請記入の時に『長期優良住宅です』と始めに言ったほうが良いです。私は書類記入が全部終ってから長期優良住宅なんですが?と言ったところ、あわてて担当の方が記入金額等を修正してくれました。

 一歩間違ったら知らないうちに『損』をしていたかもしれません。^^;失礼・・・危うく還付金が少なくなって国税に貢献するところでした。^^;



②『長期優良住宅建築等計画の認定通知書』は北洲ハウジングが客ごとに作っているファイルに入っていますのでそのファイルを貰うか、コピーを貰わないと手に入りません。

 我が家の営業担当のS君は、我が家に関するファイルを渡してくれました。

 何があるか分からない・・・・との思いで私は・・・・

  不動産登記書類一式・・・・これは司法書士の方が渡してくれた書類一式
  ○○邸長期優良住宅と貼ってあるファイル一式・・・これは営業担当のS君がくれたファイル一式

 この資料を持って行ったので助かりました。これをもっていかなければ家に戻ると言う手間が増えるところでした。^^;何せ大雪でしたからこの日は・・・^^;

水曜日で北洲は定休日ですし、どの書類か分からないし・・・本当に持っていかなければ大雪の中何度か自宅と会場を往復するところでした^^;


振込み口座は全く知りませんでした。これは偶然通帳を持っていたから助かりました。


私の調べ方がまず甘かったと反省しています。--;

が、北洲ハウジングは、毎年何棟の物件を建てているのでしょうか?^^;

確定申告の資料や解説資料程度は用意して置いても施主への過剰サービスにはならないと思いますが、いかがでしょうか?^^;

それとも金を借りるのは家主の問題だし、銀行に聞けば良い話しだし、北洲は住宅ビルダーなのでお金を貰えば関係ない・・・って事かしら?--;

ならば、住宅用家屋証明書や長期優良住宅はどこに関係する話でしょうか?--;

と言うことで、^^;住宅借入金等特別控除に係わる添付書類はまずどこに相談することが良いのでしょうか?

正しく理解できて、そして安心して申告するために、一番聞きやすく、過去何百人と申告をしているお客さんの実績がある、そんな情報を持っているのはどこなのか皆さんで考えましょう!^^;








にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

ネギロム

Author:ネギロム
すっかり中高年の領域に入りました。人生最大の投資、北洲の家を建てました。今はとても楽しんでいます。
でも…住宅ローンが微笑んでいます。がんばろう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも一覧

山のアトリエ~北洲ハウジングで建てる家~
  • 管理画面
  • リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR