進行状況立会い予定

相変わらず緩やかな進行状況です。(^-^;

日曜日に進行状況説明と現場確認、それと1階東側の木枠窓上のスペースがぎりぎりでダブルシェードカーテン(?)これが正しく取り付くかどうかの確認です。

同じものは無いのですが、内装のSさんがアイディアを出してくれて、メーカーから似たようなものを取り寄せて仮に付けてみる実験です。

木枠窓を開ける場合、カーテンと干渉してしまい、窓を閉める際にカーテンを挟み込んでしまい可能性があります。もし、そうなったら、カーテンを変更しなくてはなりません。窓を閉めるたびに手でカーテンをよけて閉めるなんて・・・ナンセンスです。



屋根の淵(?)が何となく工事されたような気がします。1階は、材料一つ・・・いや、ゴミ一つ動いていません。頭にきて血が上って書いてるのではありません。

毎日見に行ってワクワクしている少年Aとしては、あまり変化が無いので、チョッとつまらないだけです。(^-^;

引越しは11月18日希望ですから、そこまでに引越しトラックが停められる程度に外構が終わっていて、荷物を運び入れられて、寝られれば問題ありません。(^-^;

DSC_0020_convert_20111013232029.jpg

何となく進んでいるかなぁ~そんな感じかなぁ~

2階は進んでいます。

北側のオーディオルームです。天井の板が貼られました。これから防音システムが構築されるはずです。日曜日に説明があるかしら。
DSC_0023_convert_20111013232119.jpg

床と壁の見切り板(?)これが取り付き始めました。2階の大工さんも一人で黙々と大変です。通常はもう一人が1階をやっているわけですから、しかも知り合いですから、張り合いもあるでしょうが。1階はシーーーーンとしています。


DSC_0027_convert_20111013232548.jpg

さて、日曜日の立会いの件も先週現場監督のYさんから話があり、日程変更を検討してもらいました。休みが入り、日にちがたちました。我が家も予定があるので、結局こちらから連絡をしました。ムムムムー(^‐^;

11月18日引越し希望については、私の勘違いで火曜日休日の営業S君に電話をしてしまい、休みなのに話を聞いてくれました。同じ内容を現場監督に今日話をしましたら、電話の向こうで大きくうなずき、そうですか!すぐに予定を対応します、との返事でした。ムムムムー(^-^;

実は先週同じ内容を営業のS君に話をして、現場について確認をして、Yさんと妖怪Mさんに確認します・・・・やっぱりうまくいかないものです。(^-^;

ここ最近すごくコミュニケーションがよく1で3ぐらいのレスポンスは合ったのですが・・・やはり北洲、まだまだコミュニケーション不足の牙城は崩せません。(^-^)引渡しまでに何とかこの牙城の片鱗だけでも崩したいものです。(^-^;

さすが伊達政宗の風土だけのことはあります。守りがしっかりしています。あまり関係ないですかね・・・・(^-^;


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

立会い確認 + 高気密への道 続編

現場監督Yさん、内装Sさん、営業Sさん、我が家夫婦、立会い確認をしました。

外装はジョリパットを昼間に見ることができました。なかなか好きな感じでした。(^-^)とは言ってもカミさんがきめて、仙台のあそこに立っていたあの家の壁と同じ、と言われて・・・あーなるほど・・・と言った打ち合わせでしたが(^-^;

DSC_0017_convert_20111016205800.jpg


内装は、2階は先が見えてきました。今週で終了になります。近所の子供たちが騒いでいましたが、窓を閉めると何も聞こえなくなります。(^-^)これでは、外で“火事だ!”と騒いでいても気が付かなかったりして・・・(^-^;

今後の打ち合わせをしました。1階は今週から再開、外装はタイル貼りが始まります。来週中には外装が終わるようです。

2階天井の断熱材、グラスウールの供給作業も予定しています。写真で記録を残し提出してくれるようです。

ダブルシェードの確認も終了です。何とか取り付き窓を閉める際に挟み込むことはなさそうです。実物に近い商品で確認できました。汗だくで作業してくれた現場監督のYさんご苦労様でした。

現場監督のYさん明日が○○歳の誕生日だそうです。(^-^)

扉のストッパーの件、収納棚の撤去の件を確認して、立会いは問題なく終了しました。



さて、C値、気密性の件で確認してきました。

資料を見ながら確認しました。まだ、作業中ですので実際に目で見たわけではありませんが、資料を載せます。北洲の資料ですのでこれに沿って現物は確認しようと思います。

今取り付いている黒い配線ボックスにはめ込むようです。資料は古いタイプのものだそうです。現在は、半透明の部品だそうです。そして、差込側の部品を取り付け、配線を施し表側のケースを取り付けるようです。


気密コンセント


配線の入り込みのところはカッターなどで切込みを入れて線を通す様です。ここの気密性は厳密には落ちます。それに対しては、かいどまりさんのコメントにあるようにパテなどで埋めていくしかありません。

C値ですが、間取りや、吹き抜けがあるかないかなどで変わるようです。なるほど我が家は吹きぬけありませんし、1階2階がハッキリしていますし、C値が1を切りやすい家なのかもしれません。(^-^;

こればかりは、実際に作業が終了し測定実験するまで分かりません。作業中に見られれば、写真アップします。続々高気密への道にご期待下さい。(^-^;

気密の作業は一つの業者にしかやらせていないそうです。北洲のノウハウですから大変ですね。全ての現場の作業を一手にやるわけですが、どこの会社で何人作業者がいるかは分かりません。

と言うことは基本北洲の家の気密工事は同じ条件と言うことになるようです。

北洲の資料を載せておきます。

C値の実測値_convert_20111016211358

さて、我が家のC値はいくつになるでしょうか?


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




プロフィール

ネギロム

Author:ネギロム
すっかり中高年の領域に入りました。人生最大の投資、北洲の家を建てました。今はとても楽しんでいます。
でも…住宅ローンが微笑んでいます。がんばろう!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも一覧

山のアトリエ~北洲ハウジングで建てる家~
  • 管理画面
  • リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR